近大和歌山サッカー部

公式HP

勉強と部活の両立について取材を受けました!

4月上旬に勉強と部活の両立について監督、選手がインタビューを受け、特集記事を掲載していただいています。

 

 勉強と部活の両立を実現!近大和歌山 偏差値70集団、サッカー特待無しで全国に挑める理由

 

 

 

2017新人戦和歌山県大会、2017選手権予選和歌山県大会、2018インターハイ和歌山県予選で準優勝し、過去には全国高校サッカー選手権大会出場7回、全国高校総体出場11回の実績を持つ、和歌山のサッカー強豪高校近大和歌山高校。

同校は二つの学科がある共学高校ですが、学科の偏差値はそれぞれ「普通科ADコース 71」「普通科スーパーADコース 70」と県内トップクラスの進学校としても知られています。

私立高校ですが、サッカーでの特待入学者は無し。
これだけの高偏差値集団がサッカーでも県内トップクラスの強豪校として実績を残しているのには、何か勉強とサッカーの両立の仕方に秘訣があるのでは?
今回はサッカー少年の保護者が気になる「サッカーと勉強の両立の仕方」について、近大和歌山高校サッカー部の藪真啓監督と現役選手の方々にインタビューしてきました!

続きはこちら:勉強と部活の両立を実現!近大和歌山 偏差値70集団、サッカー特待無しで全国に挑める理由